フリーターの再就職が不利な理由と就活方法

フリーターの再就職が不利な理由と就活方法

学校を卒業してから一度でもフリーターになると、再就職は困難だといわれています。しかし、本当に難しいのでしょうか?
結論から言うと、フリーターでも決して就職出来ないという訳ではありませんが、新卒者より就職が難しくなるのが現実です。ではなぜ新卒よりもフリーターの方が就職する事が困難なのでしょうか。

 

多くの企業が新卒者を採用する傾向があります。フリーターは経験や技術面から考えた場合、どうしても不利な面が出てきてしまいます。

 

新卒者を大量に採用し担当者を数人つけてまとめて教育すれば、人件費が安くつきます。研修や実技もまとめて行う事が出来るので、効率の良い人材育成が可能になります。フリーターを採用するとなると一から教えていかなければならないので、その分の人件費と時間がかかってしまいます。

 

フリーターが一生懸命働いていたとしても任せられる仕事は誰もが出来る内容です。それを採用担当者に主張をしたからといって、フリーターのアルバイト経験が職歴と見なされる事はありません。採用してすぐに率先力になるとは思っていませんが、正社員として採用したのにアルバイトと同じ内容の仕事しかこなせない人は採用したがりません。積極的に仕事をこなし成長していく人材を、企業は育てていきたいからです。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓