フリーターから就職するには?

フリーターから就職するには?

フリーターが就職活動を始める時にまずぶつかる事は、「どのようにして就職活動をするのか」です。

 

今まで経験したアルバイトの仕事内容や種類が応募職種に関連性があれば、就職活動の際に少しは職歴として扱ってもらえる事もある様です。とはいってもそれだけでは内定が貰えません。 現代の日本社会では一度フリーターになると正社員として働く事が極端に難しくなり、フリーターであり続けるしかない事も珍しくありません。 就職活動ではフリーターが長期に渡ってアルバイトをしていても、職歴としては認めづらいとされています。

 

他にもフリーターの就職を阻む要素に年齢があります。
30歳を過ぎると正社員の求人は激減し、さらに40歳を過ぎると職種の選択の幅が極端に狭くなります。しかし、二度と正社員として働く事が不可能という訳でもありません。
経験を補うものがあれば、中途採用枠として入る見込みはあります。経験が無いというのであれば、作ればいい事です。さすがにキャリアが何もない状態で正社員の働き口を見つけるのは、難しいです。
新卒の頃の希望職種というと、自分のやりたい事を一番に考えていたかと思います。しかし、フリーターを長期に続けていくと、そういう訳にもいきません。
フリーターが就職を成功させるには、アルバイトでも職歴として認められる業種を探す所から始めましょう。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓