既卒者が求人情報を得る為に有力な就職支援サービス機関

既卒者が求人情報を得る為に有力な就職支援サービス機関

既卒者が正社員としての採用を希望して就職活動を行う際に、どのような方法で求人情報を集めれば良いのでしょうか。
まず、1つはハローワークでしょう。
ハローワークは年齢、職種を問わず受け付けているので、業種の幅や職業の量が大きく魅力的なサポート機関です。
まず、住所、年齢、希望職種などを登録をしてから求人の検索を行います。
この検索は自宅でも行うことができるので、十分に活用したいものです。
そして、気になる求人を見つけた際には職員に相談もできるようになっているので、サポート万全な機関だと思います。
二つ目に利用したい就職サービス機関は大型の就職支援サイトです。
ハローワーク、就職支援サイトと複数の機関に登録をすれば、その分多くの求人情報に接することができるので、自分に合った会社を見つけることができるでしょう。

 

大型就職支援サイトの一例としては、ブラッシュアップジャパンが運営している、いい就職.com(https://iishuusyoku.com/)が挙げられます。
このサイトは既卒者に使いやすい仕組みになっています。

 

情報を検索する時、最初に新卒、第二新卒、既卒とカテゴリ分けしてあるので、受けたいと思った会社が見つかってもその会社が既卒者の受付をしてない、といった悔しい思いをすることがありません。
最初から既卒者として検索できるので、効率的に希望する職を見つけることができます。
既卒者を選択したら、営業職や販売職、システムエンジニアなどといった希望する職種を選択をし、その後、希望の勤務地域を選んでいきます。
それで終わりではありません。プラスアルファの条件を付加することができるのです。例えば、住宅手当が欲しい、上場している企業がいい、女性が活躍しているなど、様々な条件を選択できるようなシステムになっています。
こういった絞り込みによって、自分に合った会社が効率的にさがせるようになっています。
また、求人検索の便利さだけでなく会社研究セミナーなども催されているので、進んで参加することをお勧めします。
少人数で質疑応答ができるので、求人検索だけでは見え辛い、良い面悪い面を知ることができます。
また、このサイトの強みは、東京や大阪にある企業への就職活動が地方にいながらできることです。電話にてアドバイザーにいろいろと相談をすることで、これまで自分にはなかった新しい視点を得ることができますから、是非利用してみてください。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓