就職活動に資格はどれほど影響するか!?

就職活動に資格はどれほど影響するか!?

実は、資格と就職がイコールで結びつけられるのは、公認会計士、司法書士、弁護士などの難関中の難関と言われるような職業だけです。
就職活動中の方の中の大半は“資格があるから就職できる”と思っている人が多いのですが、このような考え方は夢物語でしかありません。

 

フリーターやアルバイトなどの正規の雇用にあずかっていない方達が陥りがちなのが、活路を資格取得に求めてしまうことです。
昨今、資格があることが当然のような風潮ではありますが、現実の就職活動で求められるのは資格よりも実務経験であり、資格を持っていても結局は、経験者が優遇されるので実務経験のないフリーターやアルバイトにとって資格というのは、それほど深いこだわりをもつほどのものではないのです。
「ならば、就職活動をするために資格は必要ないのか」そう問われると、「士」系の資格以外は意味がないと言ってもいいと思います。ただし、少しでも有利に就職活動を運びたいのならば、資格は全くのムダとは言えないでしょう。

 

例えば、あなたが事務の面接を受けたとしましょう。
会社側の採用担当者は志望内容やあなた自身に好印象を持ってくれました。しかし、事務に関する資格は全く持っておらず、本人のやる気は伝わってくるものの、果たして本当にあなたが戦力となるのだろうかと考えた際に、どれほど「パソコンができる!」と訴えても、履歴書の資格欄が空欄もしくはパソコン関係の資格が記入されていなければ「できる」ことを証明する手段はありません。
もしも、あなたと同じ熱意を持った希望者が他にいて、その人の資格欄にパソコン関係資格が記入されていれば、どちらを会社側が採用するか一目瞭然ですよね。
資格は、就職する職業に直結しなくとも、あなた自身の価値を証明するものとしては必要です。ですから、意欲や能力を客観的に証明してくれる道具のようなものです。資格を持っていることは、学習能力が備わっている、不断の努力ができるという好印象に繋がることもあるので、損をすることはないでしょう。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓