持っておくと有利な資格について(フリーターの場合)

持っておくと有利な資格について(フリーターの場合)

フリーターから正社員への就職を考えている方は、資格を取得するのが有利です。
資格があっても実務経験がなければ採用しないという企業も少なくありませんが、持っておくと有利に働く場合もあります。
実際、資格を持っている人と持っていない人が同じ求人へ応募した場合、
能力も年齢も同じ場合、最後の判断材料として資格を持っているか否かで採用を決めるというのは、よく耳にします。
事務系ならば、パソコン検定、MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)、MCAS(マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト)など、実戦力スキルが評価されるものが有利です。
プログラマを目指すのであれば、基本情報処理技術者の資格は安定した就職を望めますし、CADオペレーター系の資格なども人気が高いようです。
そのほかにFP(ファイナンシャルプランナー)や医療事務、簿記検定、ホームヘルパーなども人気の高い資格といえます。
まず自分がどの業界に就職したいのかが資格を選ぶ上で重要なポイントとなります。
資格を持っていても就職できるとは限りませんが、資格取得の為に一生懸命勉強してきた事が学習意欲や向上心の表れと評価される事もあります。
努力して得た資格は自分の能力の証明として応募する企業に好印象を与えることが出来ます。また、自分への自信にもつながり、就職活動にも前向きに取り組むことができるはずです。
資格といっても色々と種類があり、誰でも簡単に取得できる資格から専門職の資格までさまざまです。
自分の目指す分野の資格を厳選して選んでみましょう。資格取得には多少時間を要しますが、資格を取った方が就職に有利に働き、フリーター脱出への近道となる事でしょう。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓