大阪でのIT転職状況とは

大阪でのIT転職状況とは

現在東京でIT系の仕事をしている方でも、将来的には地元で仕事がしたい、親の看病のためにUターン就職をしたいといった方は少なくありません。しかし実際には、給与や待遇のダウンが心配でなかなか踏み出せない方も多いことでしょう。また、そもそも求人数が非常に少ないので、正社員としてそれなりに稼いでいくのは難しいのが現状です。
特に避けたいのは、地元の地域に戻り失業手当をもらいながら転職活動をする、という方法です。地方に戻って就職活動をしたのにも関わらず、正社員雇用をされなかった、待遇が悪かった、ということが十分に起こり得るからです。その結果、アルバイトを繰り返し、年老いてしまったということにはなりたくないですよね。
転職を考えだしたら、まずは現職を続けながら転職活動を始めることが賢明です。
IT・インターネット・ゲーム業界専門の転職エージェントとして知られる「WORKPORT」は、福岡県での就職支援サービスを強化するため、福岡支店を拡大すると発表しました。
福岡市が就職支援強化の地域に選ばれた背景としては、近年、IT業界のさまざまな企業から注目を集め、インターネットやゲームに特化した企業の拠点が増えてきていることがあります。また、インターネットの環境さえ整っていれば、どこでも仕事をできるので、東京よりも福岡に拠点を置いたほうが、コストも減り、メリットが高いとも考えられています。
また、IT業界全体の求人数も近年増え続けていています。2012年頃からスマートフォンの売り上げが伸び、IT業界がさらに活気づいたことが要因の一つです。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓