IT転職もUターンの傾向。福岡でも支援強化へ

IT転職もUターンの傾向。福岡でも支援強化へ

大阪の求人数はさまざまな業種で増加している傾向です。
電気メーカー各社は、制御系ソフトの開発職、機械設計職、電子回路設計等のエンジニアを必要としています。自動車関連の製品開発に力を入れているためです。さらに、営業職も必要とされていて、中でも海外営業の経験がある方は優遇しているそうです。
建設関連では、インフラの修繕の作業が進むことが予想されており、土木施工管理者が求められるでしょう。また2000年前後に出来た多くのマンションの修繕時期も近づいているため、住宅関連の技術者の求人が増加すると考えられます。技術者が足りないため、定年退職したエンジニアに再度仕事を依頼したいという声もあがっているほどです。
設計関連では、高齢化に伴い、病院、介護施設などの設計が必要となっており、その分野の設計経験者が必要とされています。営業職においては、建築エンジニアの経験のある人材が求められており、中でも英語が話せる人への採用希望が非常に高くなっています。
IT業界ではC/C++系開発人材、ASP、Net/JavaのWeb系開発の技術を持つ人材の求人が活発になっています。


↓フリーター・既卒・第二新卒が就職するならレバレジーズの無料カウンセリング!↓